ミセナカ JURNAL

記事一覧へ戻る

記事を絞り込む

人気記事

よく読まれている記事です

シーズ

新しい発想を生み出すための「種」をご紹介

ピープル

「人」と「モノ」をつなぐ人々を、クローズアップ!

ビジネス

売れる売場づくりのヒントをご紹介

ライフ

日常生活におけるトレンドや情報をお届け!

手のひらBIZ

ビジネスシーンに役立つ最新スマホアプリをご紹介

FACEBOOK

香料メーカーに寄せられるニーズから読み解く 香りを使った新しいプロモーション方法

香料メーカーに寄せられるニーズから読み解く 香りを使った新しいプロモーション方法

ショッピング中、アパレル店舗から漂ってくる香り。これは、香りを使ったブランディングで、アメリカのアパレルブランド「Abercrombie&Fitch」がいち早く取り入れ、その結果、約30%の売上増につながりました。日本でもアパレルブランドの「OZOC」や「ナチュラルビューティーベーシック」などが、これを活用しており、ホテルや空港などさまざまな業界に広がりつつあります。このように、多くの競合企業がひしめき合う現代、他社との差別化を図るため、企業や店舗が改めて自社(自店)のブランドを定義する機会が増えています。この方法は、「シグネチャーセント(Signnature Scent)」と呼ばれ、欧米ではポピュラーな言葉です。今回は、香りがもたらす販促効果や求められるニーズについて香りの専門家に聞きました。

取材協力

 

■プロモツール株式会社

東京都文京区本駒込 6-5-3  ビューネ本駒込 5 階

TEL:03-5940-6637

http://www.promotool.jp/

 

■塩野香料株式会社

大阪市中央区道修町 3 丁目 1-6

TEL:06-6222-2045

http://www.shiono-koryo.co.jp/

 

掲載されている記事の無断転載/複製を禁じます。

関連記事